トップページ > 自律神経の乱れ > 自律神経の乱れ・・・その原因は?

自律神経の乱れ・・・その原因は?

自律神経が乱れる原因は「疲れ」の蓄積

仕事や人間関係のストレス、不規則な生活などによって、肉体や精神に負荷がかかりすぎると、脳は「SOS」を発します。この現象がいわゆる「疲れ」です。知らず知らずのうちに「疲れ」が蓄積されていくと、血行や体温などをコントロールしている自律神経がバランスを崩してしまいます。このようにして自律神経の乱れが引き起こされていきます。

■疲れが体にたまると?
自立線形の乱れを引き起こす「疲れ」。これは身体の中では2つの不具合を起こします。1つは【エネルギー不足】。もうひとつは【細胞の劣化】です。疲れがたまると、エネルギー代謝が悪くなるので、食事でとった栄養をエネルギーに変えられなくなります。また、悪玉の活性酸素に攻撃されやすくなるので、細胞がサビつき、細胞そのもののはたらきが悪くなってしまうのです。

自律神経の乱れを改善するにはエネルギー不足と細胞の劣化を解消することが大事